入院の準備とタイミングについて

いよいよ出産を間近に控えた時、どんな症状が現れたら入院するのだろう?というご心配がおありかと思います。ここでは、入院のタイミングについてご説明致します。また、安全なお産のためには、心身の準備が大切ですが、出産に備え、早めに入院の準備もしておきましょう。

お産セットとしてさしあげます。

産後セット T字帯+ナプキン2枚
お産パッド Lサイズ3枚、Mサイズ×2パック、Sサイズ×2パック
母乳パッド 使い捨て-3セット
皮膚洗浄綿 20枚入り授乳時の皮膚洗浄用
産褥ショーツ 1枚
骨盤固定ひも

入院の際お持ち下さい。

入院後期には、入院用バッグに用意して、家族にも分かる場所に置いておきましょう。

★いつも携帯してください★
母子手帳、健康保険証、診察券、印鑑、入院証明書(入院予約時にお渡しします)

清水病院オリジナル
ワコール製「ナイティ」をお貸し出しいたします。ご自分のものをお持ち下さっても結構です。

2階ナースステーションで、販売・お貸し出ししているものもございますので、ご遠慮なくご相談下さい。

入院のタイミング

次のような場合はまずはお電話でご連絡下さい。
医師又は看護師が入院についてご説明申し上げます。

10分間隔の規則的な陣痛がはじまった時

経産の方は、陣痛が30分おきになった時

破水した時、多量の出血、
下腹部の痛みがあった時

妊娠後期に入ると、頻繁にお腹が張ったり生理痛に似た痛みを感じますが、この時期の痛みは不規則に起こります。これが、規則的になると陣痛の始まりです。
人によっては、おしるしがあった後、陣痛が始まったり、破水の後で陣痛が始まる場合もありますし、おしるしや破水が起きる前に陣痛から始まる事もあります。 不規則な痛みが規則的になったと感じたら、時計を見て時間をメモしておきましょう。初産の場合は1時間に6回以上、10分間隔になったら病院へ連絡します。経産の場合はお産の進行が早いため、30分間隔になったら病院へ連絡してください。