更年期障害の症状と治療

更年期とは、月経が終わる閉経年齢をはさんだ前後5年(計約10年間)を言います。
日本人の閉経年齢は平均50歳と言われていますが、個人差があり、早ければ40歳代前半に更年期になる例もあり、人によって異なります。

更年期障害の治療方法

更年期障害は一生続くものではなく、症状の軽いものであれば、食事療法や生活習慣を変えることにより軽快することがあります。ただそれでも症状が良くならない時には、飲み薬などによる治療をおこないます。

食事指導、ホルモン補充療法、漢方薬治療、プラセンタ注射など。ご相談しながら、ご本人の症状、ご希望に合わせて治療していきましょう。

清水病院では更年期障害に対する治療を行っておりますので、お気軽に、ご相談下さい。

更年期障害とは女性ホルモンバランスが崩れること

卵巣機能が低下することにより、体内の女性ホルモンが急激に減少し、様々な症状が起きるようになります。更年期障害には特定の症状はありませんが、比較的多く見られるものは、顔のほてり、のぼせ、発汗、イライラしたり憂鬱になる、頭痛やめまいなどといった症状です。

女性ホルモンの減少によりおこりやすい他の障害